視力低下が起こる病気

視力低下は近視だけでなく、病気によって起こることもあります。
よく知られているのは緑内障や白内障です。
緑内障と白内障は歳を取るとなりやすい病気として知られていますが、緑内障の場合は子どもでも発症することがあり、放っておくと視力回復せずに失明する可能性もある怖い病気です。
また、黄斑変性症といって、網膜の中心にある黄斑という部分が萎縮したり変形したりして視力に異常が出る病気もあります。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

糖尿病による視力低下

糖尿病による合併症が目にあらわれた場合、視力低下や最悪の場合は失明を引き起こす場合もあります。糖尿病性網膜症です。
糖尿病性網膜症は、日本の中途失明の原因で2番目に多いものです。
自覚症状があまりないまま進行し、視力低下があらわれた頃にはかなり悪化しているというケースもある、怖い病気です。
一度視力低下や失明にいたってしまうと、視力回復は不可能ですので、早い段階で見つける必要があります。
糖尿病は患者数の多い病気であり、これからも増加し続けていくことが予想されますので、健康管理には十分気を配りましょう。

視力回復のためには早期の受診を

網膜剥離という病気も視力が低下する症状があります。
昔は放っておくと失明の危険のある病気でしたが、現在ではほとんどが治療可能であり、視力回復が見込まれます。
初期であればレーザーでの治療もできますので、早期発見、早期治療が大切です。
また、急激に視力が低下するとともに頭痛や吐き気がおこる病気として、脳腫瘍や急性緑内障発作、網膜中心動脈閉塞症など、一刻を争うものもあります。
急激な視力低下の場合は、おかしいなと思ったらすぐに受診しましょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする