メガネによる視力低下

メガネといえば、視力を矯正してくれるもの。視力回復には欠かせないものです。
そのメガネでますます視力が低下するということはあるのでしょうか。
メガネをかけていることによって視力が低下するのは、ほとんどがメガネを正しく装着していない場合です。
メガネの正しい装着の仕方は、意外と知られていません。
それでは正しいメガネの装着方法を見てみましょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

視力回復を助けるメガネのかけ方

近視用のメガネは、遠くがよく見えるように作られています。
そのため、同じメガネで近くのものを見ようとすると、かえって目に負荷をかけることになり、視力低下を招きやすいと言えます。
近視の場合は、近くを見る時、本を読む時などはメガネを外した方がよいでしょう。
近くのものも見えづらい強度近視の場合は、読書やパソコンをする時用に少し度の弱いメガネを用意し、使い分けするのも、視力回復のためのひとつの方法です。

自分に合ったメガネで視力回復

目が悪いにもかかわらず、メガネをかけない場合、ピントを合わせる眼の筋肉が弱くなっていきます。
そうするとピントが合わせづらくなり、視力が低下したように感じることもあります。
また、視力が変化したにもかかわらず、同じメガネを何年も使い続けていたり、フレームが曲がったままのメガネをそのまま使っていることも、視力低下の原因となります。
自分に合ったメガネを用途に合わせて使い分けるのが、視力低下を防ぎ、また視力回復をはかる方法と言えます。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする