コンタクトレンズによる視力低下

コンタクトレンズも、メガネと同様に視力を矯正してくれるものです。
コンタクトレンズはメガネ以上に正しい装着方法と装着時間に気をつけなければなりません。
目に直接触れるものだけに、誤った使い方をしていると視力回復ができないだけでなく、さらなる視力の低下、最悪のケースでは失明することもあるのです。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

視力回復を助けるコンタクトの使い方

まず、必ず装用時間を守りましょう。
装用時間を超えてコンタクトをつけていると目が疲れるだけでなく、眼球の酸素不足を招き、目の細胞を死なせてしまうこともあるのです。
目の細胞は、一度死んでしまうと再生しないため、視力回復も難しくなります。
1日使い捨てタイプでも、つけっぱなしで寝ることはせず、寝る時は必ずはずしましょう。
外ではコンタクトレンズを使い、家の中ではメガネにするなど、メガネとコンタクトレンズをうまく併用することが、視力回復につながります。

コンタクトはいつも清潔に

コンタクトレンズは目に入れるものであるため、常に清潔にしておくことが大切です。
コンタクトレンズの洗浄だけでなく、自分の手、爪の衛生状態にも気を配り、つけはずしは清潔な指で行うようにします。
もしも不衛生な状態でコンタクトレンズを取り扱うと、角膜に感染症を起こし、視力が低下したり視界がぼやけたりします。
また、コンタクトレンズを水道水で洗うと、アカントアメーバという微生物が付着することがあり、アカントアメーバ角膜炎を起こします。
これは失明にも至る怖い病気ですので、コンタクトレンズの洗浄は決められた方法で行うことが大切です。
視力回復のためにも、正しい方法でコンタクトを扱うようにしましょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする