PC・スマホの普及と視力低下

パソコンやスマートフォンが急速に普及し、今や一人1台、もしくはそれ以上使いこなすのが当たり前になっています。
しかし、その一方で現代人の視力低下は深刻になってきています。
パソコンやスマホの画面を見続けていると、誰でも「目が疲れた」と感じることがあるでしょう。
朝はスマホを見ながら通勤、会社ではパソコンで作業をし、帰り道でもやっぱりスマホを…という一日を過ごしていては、どんな人でも目が疲れて、視力低下を招いてしまいます。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

ブルーライトが引き起こす目の問題

パソコンやスマホの画面からは、ブルーライトと呼ばれる光が発せられています。
ブルーライトとは、可視光線の中で最も強いエネルギーを持っている青色光のことで、網膜まで達するため、目を疲れさせたり加齢黄斑変性症という網膜の機能低下を引き起こす恐れがあります。
また、夜にブルーライトを浴びることによって体内時計が狂ったり、睡眠障害を起こしたりすることもあるのです。
パソコンやスマホは使い過ぎると目によくありませんし、視力回復の妨げにもなります。
しかし、仕事上使わざるをえないという人も多いでしょうから、視力回復のためには正しい方法で使うことが必要なのです。

目を休めることが視力回復につながる

仕事などでパソコンを使うことが多い場合は、目の疲れを感じる前に休憩を取ることがオススメです。
なるべく1時間に1回は遠くの景色を見たり、目の周りをマッサージするなどして、目の疲れを取りましょう。
また、通勤時間中はスマホを見るのを控える、ゲームは時間を決めてするなど、目を酷使しないよう気をつけることが大切です。
視力回復のためには、目を疲れさせない方法を選びましょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする