これ以上視力を低下させないために

目が悪い人は、もうこれ以上視力を低下させたくない、という思いが強いでしょう。
今はなんとかメガネやコンタクトレンズを使わずに済んでいるという人ならなおのこと、一生使わずにいたいと思うものですよね。
視力低下を食い止める、また、視力回復をするためには、日常生活においてどんなことに気をつければいいのでしょうか。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

視力低下を防ぐ方法

視力を低下させないためには、まず目を疲れさせないということが大切です。
パソコンの使いすぎや勉強のしすぎなどで目の周りの筋肉が凝り固まってしまうと、ものを見るピントが合わなくなり、視力が低下します。
長い時間手元や近くばかり見ていると目が疲れますので、作業や勉強の途中に休憩を挟み、遠くの景色を見るようにします。
目の疲れを感じたら、目の周りを温めて血流をよくし、筋肉の疲れをとってあげましょう。
目の周りやツボを揉みほぐす「視力回復マッサージ」もオススメです。
また、メガネやコンタクトは必要な時だけ使い、頼り過ぎないことも視力回復に有効な方法です。

視力回復は正しい姿勢と生活から

視力低下を防ぎたい、視力を回復させたい、という場合には、生活習慣をあらためてみるのもひとつの方法です。
特に、パソコンをする時やTVを見る時などは正しい姿勢を心がけましょう。
悪い姿勢は視力低下を招く大きな原因になります。
また、ストレスを溜めない、栄養バランスのよい食事をする、睡眠をきちんととる、という基本的なことも、実は視力回復に効果的な方法です。
視力回復はまず規則正しい生活を送ることが大切です。
視力回復を望む人は、自分の生活を見なおしてみましょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする