近視

近視は視力低下を引き起こす代表的な症状です。
日本人は近視が多いことで有名ですが、近視になる原因はどのようなものがあるのでしょうか。
近視の原因は、遺伝的なものと環境によるものとに大きく分けられます。
強度近視などの場合は遺伝的な要素が強いと言われますが、軽度であれば環境が原因となっていることが多いものです。
また、この二つが重なりあって近視になることもあります。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

近視になるとどうなる?

近視は、目のピントを合わせる毛様体筋が緊張したままの状態になり、水晶体が薄くならないため、遠くからの光が網膜の手前で像を結んでしまうものです。
そのため遠くのものはぼやけて見えます。
近くのものを長時間見ていると、遠くのものが見えづらくなるのは、毛様体筋が緊張した状態が続き、ピントが合わなくなったせいです。
この状態が長く続き、眼球全体の屈折率が固定してしまった場合、視力回復は難しくなります。

近視からの視力回復

近視になるとメガネやコンタクトレンズが必要となるため、そのわずらわしさから視力回復を望む人も多くいます。
近視から視力回復するためには様々な方法があります。
たとえば、レーシック手術などはその代表的なものですが、費用がかかることと、安全性などの観点から実際に手術に踏み切る人は近視の人の中でもそう多くはありません。
視力回復トレーニングや、視力回復マッサージ、視力回復コンタクトレンズなど、手術を受けなくても視力を回復させる方法も、今では広く知られるようになりました。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする