遠視

遠視は近視とは反対で、近くのものが見えづらくなる症状です。
遠視というと、遠くのものはよく見えるというイメージを持つ人も多いかもしれませんが、そうではありません。
強度の遠視の場合は遠くもぼやけて見えづらくなることがあります。
また、軽度の遠視の場合は遠くも近くも見えるのですが、常にピントを合わせてものを見なければならないため、目が疲れ、肩こりや頭痛を引き起こす原因となります。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

遠視になるとどうなる?

遠視は、目のピントを意識して合わせないリラックスした状態で、遠くからの光が網膜を通り越した位置で像を結んでしまうものです。
近くを見ても遠くを見ても網膜の後ろで焦点を結ぶため、物がぼやけて見えます。
軽度の遠視や若い人の場合は、毛様体筋を働かせて水晶体の厚さを調節する力が強いため、ピントを合わせて視力を補うことができますが、目の緊張が続くために眼精疲労が大きくなります。

遠視からの視力回復

人間の生まれた時の眼の状態は遠視だと言われています。
そして成長にともなって正視になり、だんだん近視になっていくのです。
そのため、遠視が多いのは大人よりも子どもということになります。
子どもの遠視の場合は特に、視力回復のために矯正をしたりトレーニングをしたりすることが必要です。
遠視をそのまま放って置くと、弱視の原因になったり、眼精疲労が激しくなって頭痛、肩こりに悩まされることになります。
遠視から視力を回復させる方法は、遠近トレーニングという視力回復法や、レーシック手術などがあります。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする