弱視

弱視とは、原因にかかわらず、ある一定以上の視力を出すことのできないものを言います。
メガネやコンタクトレンズで矯正しても視力が出ないものを指すので、通常の近視などは含まれません。
弱視の原因は、先天性の目の病気や、斜視、中等度以上の近視や遠視などの屈折異常、左右の視力が著しく違う不同視、網膜の手前に障害物があるため、網膜に像が映らない形態覚の遮断があります。
このような状態によって、視覚中枢の発達が妨げられ、視力が出ない状態が弱視となります。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

視力は目と脳が発達させる

視力はだいたい6歳までに発達します。
赤ちゃんの頃から様々なものを見て、脳や神経を刺激させることによって視力や視神経が発達しますが、弱視の場合は、さまざまな原因によって網膜にきちんと映像が映らないため、脳に映像が伝わらず、ものを見る神経が発達できなくなってしまうのです。
視覚の感受性が大きいのは生まれてから1歳くらいまでの間ですが、弱視を3歳くらいまでに発見できると、治療の可能性はは高いと言われています。

弱視からの視力回復

早期発見できた弱視は、視力回復トレーニングによって治療することができます。
基本的な方法は、遮蔽法といって、視力のよい方の目を一時的に眼帯などで覆い、弱視の方の目を使ってものを見る方法です。
斜視がある場合は、手術による斜視の治療が行われます。
遠視が原因となっている場合には、遠近用のメガネを使って視力回復させます。
その他、弱視の原因となっている病気がある場合は、その治療を優先させることが視力回復につながります。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする