乱視

乱視は、角膜と水晶体の歪みによって起こる屈折異常です。
角膜や水晶体はもともと完璧なものではなく、誰にでも多少の歪みはあるものですが、乱視の場合は歪みがひどいために網膜に正しく像を結べず、ものがだぶって見えたり、丸いものが楕円形に見えたりしてしまいます。
縦横の屈折率が異なるために焦点が合わず、近くも遠くも見えづらいのが乱視です。
そのため、目のピントを合わせようとするあまり眼精疲労を起こしやすくなります。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

乱視になるとどうなる?

乱視になると正しくものが見えなくなるため、非常に困難を感じます。
たとえば、ひとつのものがふたつに見えたり、物がかすんで見えたり、歪んで見えたりします。
スポーツなどをする場合、ボールがふたつにもみっつにも見えてしまったりする、という話もよく聞かれます。
軽度の乱視ではあまり症状は出ないのですが、これは無意識のうちに正しく見ようと目のピントをあわせているからです。
歳とともにこのピントを合わせる力は弱くなりますので、大人になったから乱視になったという人は、もともと軽い乱視があったと考えられます。

乱視からの視力回復

乱視を矯正するには、メガネやコンタクトレンズを使用するのが一般的です。
乱視から視力回復させるのは難しいといわれていますが、遠近法と呼ばれる方法や、視力回復センターなどでトレーニングを行うことによって、視力回復をさせることができます。
また、手術による視力回復の方法もありますが、乱視の状態によっては視力回復が難しいこともあるようです。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする