老眼

老眼とは、正式には「老視」というもので、加齢によって水晶体を調節する力が弱くなり、近くのものを見る時に焦点が合わず、見えにくくなるものです。
多くは40代~60代で発症しますが、実際に水晶体の調節能力が低下し始めるのは20代からといわれています。
老眼は老化現象であるため、若いうちに発症してもなかなか認めようとせず、老眼鏡の使用をためらったり、無理して近くを見ようとして無理な姿勢を取ることがありますが、これらは余計に目を疲れさせ、老眼の進行を早めることにもなりかねません。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

老眼になるとどうなる?

老眼になると、新聞や本を読む時に、必要以上に顔から離さなければ読めなくなったりします。
通常は、顔から30cmくらいの距離が一番文字などが見えやすいのですが、老眼になると30cm以上離さないと見えづらいという症状があらわれます。
また、朝は普通に見えていても、夕方になるとものが見えにくくなったり、薄暗い場所に行くほど見えなかったりもします。
老眼の症状が出ると、無理にピントを合わせようと目の筋肉を酷使してしまうため、頭痛や肩こり、まれに吐き気などの症状があらわれることもあります。

老眼からの視力回復

老眼になった場合は、老眼鏡によって視力を矯正するのが一般的ですが、交差法という視力回復のトレーニング方法も、老眼には効果的だといわれています。
老眼は老化によって起こるので、眼の筋肉を日頃から鍛えておくのが一番の予防になります。
普段から目を疲れさせないようにすることも大切です。
また、老眼を手術で治療し、視力回復させる方法も近年では珍しくなくなって来ました。
しかし、一度手術をして視力回復しても、老眼が進めば再手術が必要になってしまうという欠点があります。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする