斜視

斜視は、両目の視線が見ているものの方向に正しく向いていない状態を指します。
片方の目はきちんとものを見ているのに、もう片方の目は別な方向を向いているように見えるのが斜視です。
斜視は弱視の原因となることもあり、また、両目で正しく見ることができないため、立体視ができない、ものがふたつに見えるなどの症状があらわれます。
眼球の筋肉のバランスが悪かったり、神経に異常があることが原因です。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

斜視になるとどうなる?

斜視には、正面を向いた時に片方の視線が外側を向く外斜視、反対に内側を向く内斜視、上下どちらかを向く上下斜視があり、その中でも症状によって細かく分類されます。
斜視は赤ちゃんの頃に見つかることも多く、早期発見によって適切な治療を受ければ視力回復するケースも多いものです。
斜視になっても自覚症状はあまりありませんが、眼球を動かす筋肉が麻痺している斜視の場合は、ものがふたつに見えることもあります。
また、遠近を感じにくい、立体視がしにくいために、車の運転などは難しいでしょう。

斜視からの視力回復

斜視の場合、視力回復の方法は手術によるものが多くなります。
斜視は自覚症状がなくても、ものを見るのに目の筋肉を酷使しているため、手術で斜視が治ると眼精疲労が取れて視力回復につながるケースもあります。
逆に、斜視であると気づいていながら放っておくと、目の機能が低下するため視力回復が難しくなります。
視力低下の原因が斜視である場合は、なるべく早く眼科で相談し、視力回復のための方法を検討することが大切です。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする