肩こり

視力低下によって起こる症状のうち、最も多いのが肩こりです。
パソコンなどの作業が長時間続くと、目が疲れたと感じると同時に肩がこったと感じることも多いでしょう。
視力低下と肩こりの間には密接な関係があります。
肩こりは頭痛や吐き気、首の痛みなどの症状にもつながるため、注意が必要です。
また、肩こりが原因となって視力低下が起こることもあります。
肩こりの治療をし、症状を改善させただけで視力回復したという人もいるのです。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

目を酷使すると肩がこる

パソコンを使って仕事をする場合や、スマートフォンでゲームをする場合、長時間続けていると、眼の神経や筋肉が疲労します。
すると、目の周りにある筋肉や、首筋の筋肉までもが緊張した状態となり、肩こりが起こります。
筋肉が緊張して硬くなった状態だと、血行が悪くなるからです。
また、目が疲れてくるとものが見えづらくなるため、パソコンの画面に近づいて作業をしたり、無理な姿勢を取ったまま作業をしたりしてしまいがち。
これらは、目の疲れをますますひどくし、肩こりも悪化させてしまいます。

肩こり解消と視力回復

視力低下によって肩こりが発症した場合、あるいは逆に肩こりから視力が低下した場合、肩こりを解消することで視力回復がのぞめることもあります。
肩こりに効くストレッチやマッサージなどをして、肩や首の周り、背中の筋肉をほぐしてあげることで、目の筋肉の緊張が取れて視力回復の効果が期待できます。
ストレッチやマッサージの方法がわからない場合は、整体などで相談するのもよいでしょう。
また、パソコンなどで長時間作業する時は、意識的に休憩を取って遠くを見たり、軽くストレッチをしたりするのも、視力回復に効果的な方法です。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする