頭痛

視力低下によって引き起こされる症状のひとつに、頭痛があります。
近視が進むと目が疲れやすくなるため、目の筋肉に負担がかかり、筋肉が緊張するために頭痛が起こります。
視力が低下しているのにメガネやコンタクトレンズを使わないままでいると、目の疲れや緊張はますますひどくなり、頭痛も悪化することがあります。
また、左右の目で視力が違う場合も、視力の良い方の目だけに過剰な負担がかかってしまうため、頭痛の原因となります。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

視力回復と頭痛の解消

遠視の場合は特に、目のピントを合わせようとする無意識の力が働くため、目に掛かる負担が大きく、頭痛が出やすいと言われています。
また、斜視の場合にも、目を平行にしようとする力によって大きな負担がかかり、頭痛が起こりやすくなります。
視力低下によって頭痛が出ている場合は、視力回復によって軽減することができます。
レーシックで視力回復したら頭痛が治まった、という話もあるくらいです。
自分に合わないメガネや、度の強いメガネをかけている場合なども頭痛の原因になりますので、自分に合った視力回復の方法、視力矯正の方法を今一度確かめることも大切です。

視力低下が伴う危険な頭痛

視力低下が伴う頭痛には、失明する可能性がある危険なものもあります。
脳に異常が出る病気の場合、頭痛と共に視力が低下したり視野が狭くなったりするので、注意が必要です。
たとえば、脳腫瘍は頭痛とともに少しずつ視力や視野に異常が出てきます。
また、急性緑内障では、急激に目の痛みや頭痛とともに視力が低下します。
急性緑内障は眼圧が上昇し、放置すれば失明に至る怖い病気です。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする