疲れやすい

視力が低下すると、頭痛や肩こりといった症状があらわれます。
これは、目が無意識のうちに一番ものがよく見えるようにピントを合わせようとするためで、それによって目の周りの筋肉が緊張した状態になるため。
肩こりや頭痛といった症状は、時には全身に影響を与えます。
肩こりは首や背中のコリや痛みを引き起こし、それによってからだ全体が疲れやすく感じたり、だるい、仕事に集中できないなどの弊害が出るほか、時には情緒不安定やイライラの原因になります。
目の疲れは全身の疲れにもつながるのです。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

視力回復で疲れやすさを解消

全身のだるさ、疲れやすさが目の疲れや眼精疲労からきている場合、まずは目を休ませることが大切です。
パソコンを使った作業の際は必ず休憩を取り、目を休めましょう。
目の周りの筋肉をマッサージしたり、目のツボを刺激することも、疲れ目を解消し、軽度の近視や仮性近視から視力回復させる効果が期待できます。
また、蒸しタオルなどで目を温めるだけでも、疲れ目と視力回復に役立ちます。

視力回復と全身の血流改善

視力回復には、血行を良くすることが大切ですが、それは目の周りだけの話ではありません。
デスクワークなどで長時間座ったままでいると、血液の流れが悪くなります。
全身の血行不良は目の周りの血流にも影響を及ぼしますので、まず全身の血行を良くすることが基本的な視力回復の方法だと言えます。
適度な運動はもちろんのこと、規則正しい生活、栄養バランスの取れた食事に気をつけ、常に全身の血行をよくしておくことが視力回復にもつながります。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする