睡眠障害

近年はパソコンやスマートフォンを頻繁に、また長時間使うことによってブルーライトの影響を受け、眼精疲労や睡眠障害の症状を訴える人が多くなりました。
眼精疲労は目に負担をかけすぎて起こるもので、視力低下の他にも頭痛、肩こりなどの全身症状が出ます。
また、ブルーライトによって体内時間の感覚が狂わされるため、睡眠障害が起こります。
眼精疲労と睡眠障害は同時に起こることもあり、眠らなければ取れない目の疲れが睡眠障害によってますますひどくなり、視力低下につながるという悪循環も生み出してしまいます。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

目を休めて視力回復

目が疲れると視力が低下するものです。
目の疲れというのは、起きている間にマッサージをしたり、遠くの緑を見ることによって多少軽減できますが、本当に疲れを取るためには睡眠が何よりも重要です。
睡眠不足の状態で見えにくさを感じたりするのは、視神経や目の周りの筋肉が十分にリラックスできず、緊張した状態が続いているためです。
適度な睡眠を取ることは視力回復にも大切なことなのです。

睡眠障害と視力回復

眼精疲労による視力低下、睡眠障害がある場合は、まず目を休めることが重要です。
睡眠障害は視力回復を妨げますので、必要ならば専門医の診察を受けて、ぐっすりと眠れるように環境を整えましょう。
夜遅い時間はパソコンやテレビを控える、寝る直前にスマートフォンや携帯ゲーム機を使わない、など、ブルーライトを浴びる機会を極力減らすのも視力回復の方法のひとつ。
夜はしっかりと眠り、視力回復を促しましょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする