視力回復のための生活習慣

視力回復を目指すには、生活習慣を見直すことが大切です。
視力回復トレーニングやマッサージなどの方法や、サプリメントを摂るなどの方法だけを実行していても、生活習慣が乱れたままでは、目に悪影響を与えることになってしまいます。
生活習慣が原因で視力が低下することはいくらでもありますので、視力回復を望むのであれば、まず正しい生活習慣を身につけることを意識しましょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

視力回復に大切な正しい姿勢

姿勢の悪さは、視力を低下させる一因となります。
たとえば寝転がってテレビを見たり、本を読んだりすると、見ているものとの距離が左右の目で異なるため、目の疲れや視力低下、視力の左右差が大きくなるなどの症状につながります。
また、猫背の人は近視になりやすいと言われます。
これは、背中が丸まっていることで首から上に血液がたまりやすくなり、眼球の内圧が高まることで毛様体筋という目のピントを合わせる筋肉が緊張してしまうためです。

適度な運動で視力回復

目の健康や、視力回復に欠かせないのが運動です。
視力回復のためには、全身の血液循環をよくすることが必要です。
全身の血行がよくないと、目の血行も悪くなり、筋肉の緊張が取れずに視力低下につながってしまうためです。
デスクワークが長い人などは特に、週末など時間がある時に積極的に運動するように心がけましょう。
また、目そのものの運動も視力回復に効果的な方法です。
眼球をぐるりと動かしてものを見たり、遠くのものを見ることによって、目の緊張をほぐすことで血流もよくなり、視力回復の助けになります。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする