視力回復と目薬

目の疲れを感じた時や、目が乾いた時など、目薬の仕様が効果的です。
現在は薬局、ドラッグストアなどでもさまざまな目薬が販売されています。
結膜炎やものもらいなどの炎症に効果があるもの、眼精疲労、疲れ目に効果があるもの、ドライアイ用、コンタクトレンズ用など、種類が豊富ですので、目薬は自分の目の症状に合わせて購入しましょう。
市販の目薬は、視力低下の予防や視力回復のサポートにもつながりますので、自分に合ったものを、用法・用量を守って使うようにします。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

視力回復のための目薬

市販されている目薬の他に、病院で処方してもらう視力回復効果のある目薬があります。
これはミドリンMという目薬で、眼精疲労や仮性近視の治療に使われます。
ミドリンMは、目のピントを合わせる毛様体筋を麻痺させて、一時的に遠くを見ているような状態にさせて目をリラックスさせ、目が本来持っているピントの調節機能を回復させる働きがあります。
点眼後は目が見えにくくなることがあるため、夜寝る前などに点眼するのが一般的です。

目薬を正しく使うことが大切

目薬をさしたからといって、それだけで視力回復が期待できるというわけではありません。
目薬はあくまでも視力回復や視力低下防止のサポートになるものであり、大切なのは日常生活で視力を低下させない方法を実践することです。
目薬を使う時には、正しい使い方を守るようにしましょう。
特にミドリンMのような医薬品として処方された目薬は、誤った使い方をするとかえって目を痛めることになります。
ドライアイ用の目薬理を頻繁に使うことも、涙の分泌機能を奪ってしまうことにつながりますので、注意が必要です。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする