目にいい食べ物

目にいいとされる食べ物で代表的なものは、ブルーベリーです。
ブルーベリーの中に多く含まれるアントシアニンが網膜にあるロドプシンという物質に作用し、再結合を助けるので疲れ目や目の機能を向上させると言われています。
視力回復には栄養バランスの取れた食事が一番大切ですが、目にいいとされる食べ物を積極的に摂ることも効果的。
目にいい食べ物は、他にどんなものがあるでしょうか。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

ビタミンとミネラル

ビタミンAが足りなくなると、夜盲症の症状があらわれ、ビタミンBの不足は目が疲れやすくなる原因にもなります。
ビタミンCは目の充血予防に役立ちます。
ビタミンは目の健康に欠かすことのできない栄養素ですので、視力回復のためには積極的に摂りたいもの。
また、ミネラルも目の健康に大切な栄養素です。
網膜の視覚色素を守る働きや、眼球の血液循環を助ける働きがありますので、こちらも積極的に摂取しましょう。
緑黄色野菜や魚介類、レバーなどにビタミンとミネラルが多く含まれています。

タウリンとDHA

タウリンは視神経の働きを正常にしたり、紫外線による目のダメージから回復を助ける働きがあります。
また、DHAは神経の発達と維持に深く関わっていて、映像を目から脳に伝達するためには不可欠です。
このふたつを摂取することも、視力回復に効果的な方法です。
タウリンはサザエやホタテ、あさりなどの貝類に多く含まれ、DHAは青魚やマグロ、うなぎに多く含まれます。
目にいいとされる食べ物は、疲れにくい目をつくり、目の健康を維持するために役立ちます。
これらの食品を食事やサプリメントで摂取することが視力回復につながる方法なのです。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする