視力回復のツボ

目の周りには目の病気や視力回復に効くというツボがたくさんあります。
ツボを刺激することは、目の疲れを取り、視界をスッキリさせる効果もありますし、目の周りの血行をよくして、眼の筋肉をほぐすという効果もあります。
疲れたな、と思ったらツボを刺激すると、眼精疲労の予防にもなります。
視力回復マッサージと同じように、気がついた時に簡単にできる、手軽な視力回復の方法です。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

視力回復のツボの押し方

眉の真ん中あたりのあるのが「魚腰」というツボ。
眉頭付近にあるのが「攅竹」というツボ。
目頭のツボは「晴明」、目の下のツボは「承泣」といいます。
これらのツボを順番に刺激していくことで、目の疲れがとれてすっきりするはずです。
また、眉尻、目尻、こめかみの部分もツボですので、指で押して刺激しましょう。
注意すべき点は、ぐりぐり強く押しすぎないこと、爪を伸ばしていると目の中に入って眼球を傷つけたりするおそれがあるので、爪は短くしておくことなどです。

視力回復のツボの効果

視力回復に効果が期待できるツボは、ほとんどが眼窩とよばれる目の周りの部分に集中しています。
目の周りというのは骨がデコボコしているため血液が通りやすく、骨の下のくぼみにある神経が刺激されやすい部分です。
そのため、目の周りをツボを刺激する方法が、目の病気や視力回復に効果的だと言われています。
目の疲れを取り、凝り固まった筋肉をほぐすことで視力回復につながりますし、ツボを刺激するとなんとしっても気持ちがよくてリラックスできますので、仕事や勉強の合間にツボ押しすることをオススメします。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする