大澤式視力回復法

大澤式視力回復法は、医学博士であり「眼がどんどんよくなる」という本を書いたハロルド・ペパード氏が提唱する五大基礎訓練のうちのひとつです。
3メートル先に設定した視力検査表を、体を左右に動かしながら読んでいくというちょっと変わった方法です。
視力検査表が見えないくらい視力が低下している、という場合は、3メートルより近づいてトレーニングをしてもよいでしょう。
また、度の弱いメガネをかけてトレーニングをするのもOKです。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

大澤式視力回復法のやり方

普通の視力検査をする時のように、片目を隠します。この時、隠した目も開けておきます。
そして、一番大きい0.1のランドルト環から順番に、コの字型に読んでいきます。
見えにくくなってきたら、その部分をじっくりと見つめます。
目を細めて無理やり見たりするのではなく、リラックスした状態で見るようにします。
見続けていても読めない時は、また0.1から同じように始めます。
これを、体を振り子のように左右に揺らしながら行います。

大澤式視力回復法の効果

大澤式視力回復法は、眼の筋肉を弛緩させて焦点が合う範囲を広げていくための訓練方法です。
眼の筋肉も、体の筋肉と同じように鍛えなければどんどんかたくなってしまいます。
1日に片目を5分ずつ、両目を5分、できれば2セット行うことが、大澤式視力回復法で視力回復させる有効な方法です。
視力検査表さえあれば自宅で、一人でも簡単にできる視力回復の方法なので、根気よく続けてみましょう。
視力回復トレーニングは、やればすぐに視力回復するものではないので、継続して行うことが大切です。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする