子どもに多い仮性近視

何度も述べているように、子どもは遠視の状態からだんだんと正視に近づいてきます。
遠視というのは眼軸が短い状態ですが、子どものうちからテレビ、パソコン、携帯型ゲーム機などの画面を見続けたり、顔を近づけて本を読む、勉強するなど正しい姿勢が取れなかったりすると、毛様体筋が緊張したままの状態が長く続くことになり、眼軸が伸びてきます。
そうすると、一時的に遠くが見えづらくなり、軽い近視の状態となります。
これが仮性近視、または偽近視と呼ばれるものです。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

仮性近視になったら

多くは学校の視力検査で指摘されることが多いのですが、子どもが目を細めて遠くを見ていたり、今まで以上にテレビなどに近づいていたりする場合は仮性近視が疑われます。
普通の近視の場合は眼軸が長くなっている状態で、伸びてしまった管軸はもとに戻すことができないため、メガネやコンタクトレンズなどでの矯正が必要となりますが、仮性近視の場合は眼軸の伸びが毛様体筋の緊張による一時的なものであるため、適切に対処をすれば視力回復できます。

仮性近視からの視力回復

仮性近視の場合、眼科で調節麻痺剤の目薬が処方されます。
寝る前に点眼すると、寝ている間に毛様体筋が弛緩して近視の状態から開放されるため、仮性近視が改善します。
また、仮性近視になったら、姿勢を正しくする、テレビやゲームは時間を決めて行う、規則正しい生活をする、外でよく遊ぶなど、生活習慣に気をつけることも、視力回復の方法として有効です。
仮性近視は放っておくとそのまま本当の近視になってしまうため、適切な方法で視力回復させることが大切です。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする