子どもの視力を取り巻く環境

昔の子どもはよく外で遊んでいたものですが、現代は公園などで子どもの姿を見かけることも少なくなりました。
パソコンや携帯型ゲーム、携帯電話などの爆発的な普及は子どもにまで及び、今では携帯型ゲーム機や携帯電話を持っていない子どもの方が少数なのかもしれません。
また、生活習慣が不規則な子どもも増え、夜更かしによる睡眠不足や、朝食を食べないことによる栄養不足など、生活全体の乱れが指摘されるようにもなりました。
このようなことが原因で、子どもの視力低下は深刻な問題となっているのです。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

子どもの視力低下を防ぐ

先天的な弱視などでない限り、子どもが近視になってしまう原因は多くが生活習慣の乱れにあると言われます。
現代の生活は目を疲れさせる原因となるものが多くあります。
携帯型ゲーム機や携帯電話を長時間使う、夕方や夜の時間帯に塾で長時間勉強する、夜遅くまでテレビを見る、野菜や魚を食べない、などなど。
偏った生活習慣によって子どもの近視は加速していると言えます。
こういった生活習慣を改善することが、子どもの視力回復につながるのです。

子どもの視力回復のために

子どもの生活習慣を見直し、視力回復を促すためには、まず親が視力回復について有効な方法をしっかりと理解することが大切。
子どもの視力低下は、一旦始まってしまうと大人よりも早いスピードで進行します。
しかし、仮性近視の段階で適切な治療を受け、目にやさしい生活習慣に気をつければ子どもの視力は回復します。
テレビやゲームをさせ過ぎない、姿勢を改善させる、栄養バランスの取れた食事をする、夜更かしさせないなど、親がしっかりと視力回復の方法を頭に入れて生活するようにしましょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする