視力低下によって子どもが受けるデメリット

視力が低下することで、子ども自身も不便な思いをすることがあります。
物が見えにくいという普段の生活に関わることから、勉強への意欲低下、集中力の低下などの心理的な影響もあります。
近視が進んで、メガネやコンタクトレンズを日常的に使用しなければならなくなると、煩わしいだけでなく、もしかしたら将来つきたい仕事につけない、といったこともあるかもしれません。
視力低下によって子どもが受けるデメリットを詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

学業への影響

まず、視力低下して子どもが一番最初に受けるデメリットは「黒板が見えにくい」ということでしょう。
黒板の字が見えないと、授業に集中することができなくなります。
それにともなって、成績が低下し、勉強する気がなくなるという悪循環になることも。
子どもの集中力の低下は視力低下が原因であることも多いものです。
仮性近視の段階なら視力回復はできますので、医師に相談して適切な方法を取りましょう。

将来的な影響

近視が進み、メガネやコンタクトレンズをするようになるとまず初めに煩わしさを感じます。
特に暑い夏にメガネをかけている不快感は何ともいえないものです。
また、一定以上の視力が求められる職業というものがあります。
たとえば、騎手や競艇の選手は裸眼視力が0.6~0.8以上と決められていますし、警察官や消防士、自衛官、パイロット、客室乗務員などは、矯正視力で一定以上なければならないという条件があります。
もしも子どもの近視が進行すると、将来希望する職業につけないということも考えられますので、視力回復のための方法を親子で勉強し、視力回復を促すようにしましょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする