寝ている間に視力回復?

「朝起きたら裸眼でもはっきりとものが見えるようになっていたらいいなあ」と、目が悪い人なら一度は考えたことがあるでしょう。
それを現実のものにしてくれる視力回復の方法があります。
オルソケラトロジーと呼ばれる視力回復コンタクトレンズです。
視力回復コンタクトは、夜付けて眠るだけというとても簡単な視力回復の方法。
特殊なレンズをつけて眠ることで角膜の状態が矯正され、朝起きると視力が回復しているのです。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

本当に視力が回復する?

つけて眠るだけで、朝起きたら視力回復している、という視力回復コンタクトは、一時的に角膜のカーブを矯正するものであり、視力回復の効果がずっと続くわけではありません。
朝はハッキリ裸眼でものを見ることができても、角膜には弾力があるために、矯正されたカーブが夜にはまた元に戻ってしまい、近視の状態になります。
しかし、継続して使用することにより、視力回復の効果を持続させることができます。
また、視力低下の進行を防ぐ効果もあるようです。

視力回復コンタクトの費用

気になるのは視力回復コンタクトにかかる費用です。
オルソケラトロジーには保険が適用されないため、費用は全額自己負担となります。
そのため、取り扱っている病院の間でも費用には差があり、両目での費用は安いところで15万程度、高いところでは25万円程度となっているようです。
さらに、オサートという強度近視も強制できる視力回復コンタクトになると、30~40万円くらいかかるようです。
どちらの場合も、レンズは一定の期間で交換する必要があります。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする