視力回復コンタクトのデメリット

つけて寝るだけで簡単に視力回復ができる視力回復コンタクト、オルソケラトロジーですが、いいことばかりではありません。
まず、毎晩装用する必要があるということ。
そして、コンタクトレンズの取り扱いに注意し、正しくケアをする必要があるということです。
慣れれば大したことはないのですが、コンタクトレンズの取り扱いに慣れていない人は、最初のうちは戸惑いもあるかもしれません。
その他に、視力回復コンタクトにはどんなデメリットがあるのでしょうか。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

視力回復コンタクトを使用できない人

視力回復コンタクトは誰でも使えるわけではありません。
視力回復コンタクトで視力回復する効果が期待できるのは中軽度の近視で、強度の近視、乱視の場合は矯正できません。
また、ドライアイ、角膜炎、結膜炎など目にトラブルがある人も使用できません。
眼の表面に問題がある状態だと、涙の分泌が少なくなり、コンタクトレンズが安全に装用できないからです。
強度近視やドライアイ、角膜炎の人はオサートという、視力回復コンタクトの進化系のコンタクトレンズを使う必要があります。

費用がかかる

視力回復コンタクトの使用には保険が適用されないため、費用は全額自己負担となります。
一般的には両目に装用するとしてだいたい20万円前後の費用がかかります。
それに加えて、眼科での診察料や定期検診の費用、コンタクトレンズのケア用品にかかる費用など、いろいろな面で費用が必要になります。
視力回復コンタクトはずっと使えるわけではなく、数年で交換が必要になりますので、数年に一度は多額の費用が必要となるのです。
また、視力回復コンタクトは、近視を根本的に治すものではなく、一時的に角膜を矯正して視力を出すという方法ですので、装用をやめると目の状態は元に戻ります。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする