レーシック手術とは

近年よく耳にするようになった視力回復の方法として、レーシック手術があげられます。
レーシックとは「Laser in situ Keratomileusis」つまり「眼球にレーザーを照射して角膜を彫り整えること」という意味の頭文字をとったものです。
レーシック手術は、1990年代にアメリカを中心として広がった視力回復手術で、裸眼での視力を矯正して近視や遠視、乱視から正視の状態にすることができるため、メガネやコンタクトレンズを使用しなくてよくなることから、現在も手術を受ける人が増えています。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

レーシック手術の方法

一般的にレーシックと呼ばれるものは、次のような方法で行われます。
まずマイクロケラトームと呼ばれる機械を使って角膜の表面を薄く削り、フラップという蓋のようなものを作ります。
次に、フラップの下にある角膜実質層にレーザーを照射して一部を削り取ります。
そうすることによって角膜中央部を薄くして屈折率を変化させ、近視から視力回復させます。
レーザー照射後はフラップを元に戻し、自然に接着するのを待ちます。

レーシック手術のメリット

レーシック手術をすると、1ヶ月ほどで視力が安定します。
手術自体も短時間で済むので入院も必要ありません。
裸眼ではほとんど何も見えないような状態の近視だった人が、レーシック手術を受けたことによって裸眼で生活出来るようになったなど、成功すればメガネやコンタクトレンズをする手間や煩わしさから解放されるというメリットがあります。
レーシック手術の費用は健康保険の適用範囲外です。
それぞれの病院によって異なりますが、安いところでは両眼で10万円程度でできることもあります。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする