レーシックの費用

レーシック手術には、健康保険が適用されませんので、手術にかかる費用は全額自己負担となります。
健康保険の適用範囲外のため、病院、クリニックによって費用はまちまちです。
両眼の手術費用が10万円程度と安いところもあれば、最新の機器をつかっているので両眼で50万円ほどかかるというところもありますので、事前に調べておく必要があります。
レーシックは、視力回復の方法の中では高額な方法だと言えるでしょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

費用の違いは安全性の違い?

値段の良し悪しで安全か危険かが左右されるわけではありません。
しかし、基本的には術式や使用する機器の違いによって値段も左右されるため、最新技術あるいは最新機器でのレーシック手術の場合は費用も上がることになります。
安いから術式や機器が古くて駄目だというわけではなく、きちんとした技術を持って手術できる、また、手術に際してきちんと説明してくれる信頼のおける医師がいる、ということがよい病院を選ぶポイントになります。

安い病院は危険なのか?

今から2年ほど前、費用が安い病院でレーシック手術を受けた人に後遺症が多発したという事件がありました。
この病院ではレーシック手術で使用する機器などの管理がずさんだったため、多くの患者が感染症などを起こし、後遺症に苦しんでいるとのことで、当時の院長が逮捕される事態にまで発展しました。
このような例は極端ではありますが、絶対に起こらないとは限りません。
費用が安い病院でも、衛生管理がしっかりしていて、先生が丁寧に対応してくれるのなら問題はありませんが、安かろう悪かろうにならないためには、事前に自分でしっかりとリサーチすることが大切です。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする