失敗しないレーシックの選び方

大切な目を手術して視力回復するにあたっては、病院を選ぶのも重要になってきます。
たとえレーシック手術に失敗したとしても、目を取り替えるなどということは絶対に出来ませんから、レーシックをする時はじっくりと病院を選ぶ必要があります。
病院やクリニック、医師をどのようなポイントを重視して選ぶかをよく考え、自分自身で病院をいくつか比較して、納得の上で選ぶようにしましょう。
そして、決して費用だけで選ばないように注意しましょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

医師を選ぶポイント

自分の視力回復を委ねる医師は、しっかりと選びましょう。
まず第一に眼科専門医であること、そしてレーシックの経験が豊富なことを重視しましょう。
眼科専門医の中でも、レーシック手術に長けている人とそうでない人がいます。
レーシック手術の経験が浅い医師の場合は、角膜を削りすぎたりすることも考えられなくはないので、どれくらいの症例を手術しているのか、というのは、レーシック手術を受ける上でとても重要になってきます。
また、カウンセリングを受けて信頼できる医師かどうか、自分の目でしっかりと見極めましょう。

病院を選ぶポイント

レーシック手術を実施している多くの病院では、ホームページなどで手術の症例数、実績、回復データなどを明示しているところがありますので、病院選びの際は参考にしてみましょう。
また、合併症などが起こった場合の対応も大切です。
カウンセリングなどで合併症のリスクをきちんと説明してくれるか、病院のサポート体制はどうなっているかチェックしておきましょう。
術後のアフターケアや保証制度などがしっかりしていることも、病院を選ぶ判断材料となります。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする