レーシック体験談

日本では2000年に認可されたレーシック手術、角膜屈折矯正手術は、年々受ける人が増加しています。
当初は両眼で60万円ほどした手術費用も、現在では安いところで10万円を切るなど、だんだんと低下してきているため、思い切って手術をして視力回復したいという人には最適の方法であるとも言えます。
今では年間40万人を超える人が受けていると言われるレーシック手術、その体験談を集めてみました。
これから手術を受ける人、レーシック手術を検討している人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

レーシック手術の成功体験談

レーシック手術をした人の多くが、1ヶ月ほどで視力が安定し、裸眼で1.0~1.5程度まで視力回復したと報告されています。
スポーツが好きで手術を決めたという人は、スポーツがをする時にメガネやコンタクトレンズを気にしなくていいのがとても快適だと言います。
また、旅行や帰省などの際、メガネやコンタクトレンズの用意をしなくてもいいというのが楽、との声も聞かれます。
その他、目が疲れにくくなった、肩こりが解消したなど、視力回復以外の効果も得られる人が多いようです。

レーシック手術の失敗体験談

強度近視の人の場合、角膜を削りすぎてしまうことによる後遺症として、夜の蛍光灯の光が眩しくなった、近くが見えにくくなったなどという話も聞かれます。
また、ドライアイになった、目が疲れやすくなったなど、様々な後遺症とみられる症状があげられます。
その他、手術自体の失敗ではありませんが、クリニックによってはリスクの説明が不十分だった、カウンセリングの時間が短かったなどという不満の声も多いのが実情です。
この点については、資料請求や説明会などに参加して病院選びをしっかりする、セカンドオピニオンを受けるなどの工夫をすることが必要だと言えそうです。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする