視力低下の原因

視力が低下する原因はさまざまなものがありますが、大きなものとしては近視があげられます。
一般的に、近くの物を見ている時間が長ければ長いほど眼の筋肉が緊張し、近視を引き起こしやすくなると言われています。
また、寝転んでテレビを見たり、本を読んだりすると、右と左の目でものを見る距離が違ってくるため、視力が低下したり、左右の目で視力に差が出てくるという状態を引き起こします。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

パソコンやスマートフォンの使用

近年ではパソコンやスマートフォンが爆発的に普及し、今や一人一台は持っているという状況になりつつあります。
パソコンの画面を見続けて作業をしていたり、スマートフォンでメールを打つ際に、画面に顔を近づけて過ぎていたりすると、眼の筋肉の緊張が続いて疲労し、視力低下の原因になります。パソコンで目を酷使し続けていると、視力回復もしにくくなります。
視力回復の方法はいろいろありますが、まずは自分がいつもしている作業について気をつけてみましょう。

目を休ませることが視力回復につながる

勉強やパソコンでの作業を続ける時は、30分に1回は休憩を取るようにしましょう。
近くばかり見ていると眼の筋肉に負担がかかりますので、遠くを見たり、目の周りを軽くマッサージするなどして目の疲れを取ってあげましょう。
筋肉が疲れてしまうと上手く運動ができなくなるのは、目も同じです。
視力低下の原因は、眼の筋肉の疲労にあるということに気をつけて、目を大切にいたわってあげることが、視力回復につながります。
視力回復の方法は、身近なところにあるのです。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする