視力を復活させるトレーニング方法

視力回復方法バイブル (4)
視力の回復には、レーシックのような治療法だけではなく、視力低下の原因によっては自分でできるトレーニングがあるのをご存知でしょうか?

今回は、そのトレーニングの効果が期待できる視力低下の原因やトレーニング方法を紹介します。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

トレーニングで視力回復できる原因とは?

視力低下には様々な原因がありますが、トレーニングで回復が期待できる原因は、毛様体筋の緊張から水晶体の動きが悪くなっている場合です。

毛様体筋が動かなくなる原因として、パソコンやスマホなど最近、近い距離を凝視する時間が非常に長くなった事が原因の1つです。

近くを見るという事は、水晶体を厚くするために毛様体筋が張っている状態になります。

この状態を長時間続けると、だんだん毛様体筋が硬くなり、水晶体が動かす事ができなくなるのです。

トレーニング方法

このような原因の場合、毛様体筋の緊張をほぐす事により動きが良くなり、視力回復が回復が期待できるので、毛様体筋をほぐすトレーニングを行いましょう。

遠近体操法

近くと遠くを交互に見る事により、毛様体筋を意識的に動かしてストレッチさせるイメージです。

まずは、片方の親指に印をつけて、一点を見つめやすくします。

それから、親指を目から10㎝ほど位置に構え、3秒かけてゆっくり腕が伸びきるところまで親指を離します。

離したら、また目から10㎝ほどの近くまで1秒で親指を戻します。

コレを10回1セットとして、1日最低2セットは行いましょう。

まとめ

毛様体筋をほぐす事は非常に時間がかかるので、トレーニングは短期間で効果は出にくいです。

もちろん個人差はありますが、毎日続けることで1番大切です。

簡単なトレーニングなので、習慣付ける事が大切でしょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする