一時的な視力回復は本当に可能なのか?

視力回復方法バイブル (2)
免許の更新、健康診断で行われる視力検査などのために「一時的に視力回復させたい」という方のために、最近は一時的に視力回復させる方法が紹介されています。

しかし「本当にそんな一時的に視力を上げることができるの?」と疑問に思う方も多くいると思います。

そこで今回は、一時的な視力回復は本当に可能かのかという事を解説したいと思います。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

良く紹介されている一時的な視力回復方法

ネットなどで良く紹介されている簡単な方法として「強く瞬きをする」という事です。

力を入れてギューっと目を瞑り、緩めるという事を5回程度繰り返すことで、一時的に視力が回復すると言う方法です。

視力が回復する理由

なぜ上記のような方法で視力回復が可能なのかというと、目の周りの筋肉に力を入れ、緩めるという事を繰り返すことで、凝り固まった毛様体筋が多少緩む効果があるからです。

それに、緩めた時に眼球内の血液の流れが非常に良くなる事で、視力回復に繋がります。

デスクワークなどで目が疲れた時に、背伸びをしながらギューっと瞑ってから、天井など遠くを見る事で、目が休まる感覚があるのと同じ事です。

筋肉を意識的に動かす事でストレッチ効果があり、眼球内の血行が良くなる事で視力が回復していたんです。

それにこの方法は、眼精疲労の解消や予防にも効果があります。

まとめ

上記のような理由から、一時的な視力回復は可能なのです。

しかし、この方法の効果は個人差があり、近視の原因が「毛様体筋が凝り固まっていることが原因」という方に効果があります。
なのでまずは、自分の目の状態、視力低下の原因を知る事が大切でしょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする