視力回復には目を温める事が大切な理由

視力回復方法バイブル (4)
目を温めるというと、目の疲れを取ったり、リラックスさせるイメージがあります。

しかし、それだけではなく目の温める事によって視力回復の可能性を上げる事もできる事をご存知でしょうか?

今回は目を温める事の効果と視力回復ついて紹介します。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

温める事が1番簡単で効果的

デスクワークなどによって目を酷使すると、非常に目に疲れが溜まります。

これを温める事によってリフレッシュしたりする理由は、外眼筋や毛様体筋(水晶体を調節する筋肉)のコリや緊張を、温めて血流を良くする事によってやわらぐからです。

この「血流が良くなる」という事が視力回復には、非常に大切になります。

目の血行

外眼筋や眼球の血流が大切な理由は、眼も肌などと同じように代謝があり、血液から栄養素も吸収します。

そのため、血流が悪いと老廃物も溜まりやすく、視覚に必要な栄養素も不足するため視力低下や眼病になりやすくなってしまいます。

それに、眼球の血管は全て毛細血管なので、血圧が高いと血管が詰まってしまい失明に繋がるような眼球になる可能性があります。

なので、眼の血行を良くするために温める事が大切です。

温めると視力回復?

これは血行が良くなるこで、毛様体筋などの緊張がほぐれ、動きが良くなった事で眼が良くなることです。

しかし、一度凝り固まった毛様体筋はなかなか戻せないため、効果的は一時的なモノになります。
習慣的に温めることで、眼精疲労や視力低下の予防になります。

まとめ

このように、眼精疲労の回復や視力の回復、低下の予防には温めることが大切です。

簡単に蒸しタオルとかでも出来ますし、最近は眼を温める専用のアイマスクなども売っているので、一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする