毎日5分でできる視力回復トレーニング

視力回復方法バイブル (9)
最近は様々な視力回復トレーニングがネットなどで紹介されています。

しかし、いざ始めてみると続かなかったりする事も多いと思います。

そこで今回は、毎日たった5分のトレーニングを行う事で視力回復が期待できる方法を紹介します。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

トレーニングの効果が望める視力低下の原因は?

今回紹介するトレーニング方法は「視力低下がどんな原因であっても回復する」といった方法ではありません。

今回は、テレビやパソコン、スマホなどを長時間使った事による近視、つまり毛様体筋や外眼筋の緊張が原因である近視に効果の期待できる方法です。

5分でできる2つのトレーニング方法

①外眼筋を動かす

外眼筋とは目の周りの筋肉です。

この筋肉を意識的に動かしてあげます。

まずはギュッと強く目を瞑り、目だけで上を見て10秒キープします。

また同じようにギュッと強く目を瞑り、次に右を見て10秒キープします。

同じように下、左と時計周りに目を動かしていきます。

次に、指で8の字を横に3回描き(∞)その描いている指を目だけで追いかけます。

この方法によって外眼筋がほぐれ動きが良くなるので、焦点が合いやすくなります。

②遠近体操法

毛様体筋の緊張をほぐすトレーニングです。

近くと遠くを交互に見る事で毛様体筋を動かし、緊張をほぐしていきます。

方法は、ある一点を見つめ続けたまま、その一点を近く、遠くと交互に動かします。

親に印を付けて、指を近づけたり、遠ざけたりするとやりやすいでしょう。

ポイントは印を遠くに動かす時はゆっくりと、近くに動かす時は早く動かします。

まとめ

このように簡単なので、毎日の隙間時間たった5分行うだけで回復が期待できます。

ただし個人差があるので、効果を実感するには長期間必要となる場合もあります。

たった5分を毎日継続する事が大切です。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする