悪くなった視力の戻し方とは?


最近年齢に関係なく視力の低下を訴える人は多くなっているようです。

老眼などの年齢的なものならば「もう年だし」という風に考える人もいるようですが、まだそんな年でもない上に、仕事などで視力の低下が酷くなると困るという方も多いはずです。

その場合の原因のほとんどはパソコンなどを多く使用する事で視力が低下した場合が一般的です。

しかし、仕事などでパソコンを使わない訳にはいかないという方も多く、それでも視力を保ち、出来ればよくしたいと考えるでしょう。

今出来うる限りの悪くなった視力の戻し方について紹介していきましょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

視力低下の原因と体への影響について

近年の視力低下の原因は先ほど述べた通りパソコンやスマートフォンの画面を長時間凝視したり、ストレスや極度の疲れなどが多くの場合です。

それらの要因全てが視力低下のみならず、肩や首への負担なども招いているのです。

誰でも簡単視力の戻し方(トレーニング)

視力の戻し方には様々な方法があり、そのいくつかを紹介しましょう。

まず1つ目は瞼を強くつぶったままで眼球を動かし、眼筋をほぐす方法からです。

方法は簡単で、目を強くつぶり、目だけ上を10秒ほど顔を動かさずに見るというもので、この上を見る動作を「上下左右」と変えて行い、最後に目を強くつぶるという方法です。

2つ目は指で八の字を横にしたものを描き目で追う事により、目の運動になり眼筋もごぐれて視力回復効果が得られるというものであり、視力の戻し方としても一般的なものです。

方法は数字の8を横にした「∞」を指で顔の前に描き、それを目で追う事を3回お粉だけというものです。

3つ目はピント合わせのトレーニングで、遠くと近くを交互に見る方法です。

近視状態を軽減させて、回復しやすくする上、遠くのピント合わせもしやすくなるので視力が回復しやすくなります。

方法は指を顔の前に持ってきて、前方に移動させ目の前に戻すという動作を目で追うもので、3回ほど繰り返して行います。

4つ目は視力回復効果のあるツボ押しです。

視力回復に効果的なツボというのがあります。

場所は基本的に目の周辺の骨の部分にツボが位置しており、それらを程よく目に指が入らない様に5秒ほど押すと視力回復の効果があります。

細かい場所は「眉の真ん中の位置・目頭の上下に位置する鼻との境目・目の下の骨の部分・目じり・こめかみの少し上の部分」となっています。

最後に

悪くなった視力の戻し方はいくつも存在しています。

それらは初期段階ならば定期的に継続してのトレーニングを行う事で効果があります。

同時にサプリメントなどの併用やなるべく無理をせず休む事なども重要なので、少し気を付けてみていきましょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする