首や様々な場所をツボマッサージして視力回復


視力低下の原因に眼精疲労や血行の悪さなどが原因であるという話は近年では有名な話です。

そして、それらを解消する事で視力回復につながる事があるのです。

その方法として挙げられるものの1つにツボ押しマッサージがあり、非常に効果的なのです。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

ツボ押しと目

ツボ押しがいいと先ほど申しましたが、ではどのような症状に効果があるのかと言うのは誰もが気になると何処でしょう。

実は「近視・遠視・乱視・眼精疲労」など、幅広い様々な少女に効果があるのです。

その理由は冒頭でも申し上げた通り”血行が良くなる”からです。

目の周りの筋肉が凝り固まると、視力も低下していきます。

その場合、ツボマッサージによって目の周りの血行をよくする事によって毛様体筋がほぐれて、正しくピント調節ができるようになる事から視力回復につながっているのです。

視力低下は眼球内の血行が悪くなったり、筋肉が固まってしまう事によって起きる事が多く、ツボ押しは非常に有効な方法であると言えます。

視力回復と首のツボ

視力回復につながるツボと言うのは首から上に集中しています。

その種類も様々ですので、首などにある視力回復に効くツボの紹介をしていきましょう。

視力回復につながるツボは先に述べた通り首より上に多くが存在しており、首や後頭部に集中しています。

そしてその1つが「風池(ふうち)」と呼ばれるものです

場所は、後頭部の髪の生え際の首の辺りの耳の後ろにある骨と後頭部の真ん中のくぼみを結んだラインの中間にあり、視力回復はもちろんの事、肩こりや頭痛の解消にも効果があります。

首の後ろの中心から髪の生え際に沿って指2本くらいの場所にあるのが「天柱(てんちゅう)」と呼ばれるツボです。

こちらも視力開封に効くツボと言われています。

実は、視力回復に効くツボのほどんどは首から上に集中していますが、手にもあります。

「合谷(ごうこく)」と言って、人差し指の骨と親指の骨が交差する場所で、人差し指寄りの付け根にあります。

昔から「万能のツボ」とも呼ばれており、頭部や上半身の不調に効果が合るとされています。

首の側面の耳たぶの後ろに頭がい骨のでっぱりがあり、その下の生え際にも「完骨(かんこつ)」と言うツボがあり、視力回復効果が期待できます。

最後に

これらのツボマッサージには鈍い痛みを感じると思います。

しかし、よくマッサージをする事で血行が良くなり、脳への酸素と栄養なども十分に広がります。

それにより、脳が活性化し、視神経の働きが良くなっていくのでツボ押し運動と呼ばれ、その効果を期待されています。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする