視力回復のための前後運動の方法と効果


視力がこの頃随分悪くなってきたな、とフッと感じる事があったとしましょう。

そういった場合これ以上悪くならない方法と、視力を出来る限り回復させる方法を探されると思います。

それこそレーシック手術やこれからかかる眼下につて様々な事を思いうかべられるでしょう。

しかし、視力が悪くなったなら確かに眼科にまずかかるべきですが、それもすぐには無理である場合であるならば、度合いは様々ではありますがまず出来る事からするというのも選択肢のひとつです。

視力回復のために出来る事の中には、手軽にすぐに出来る前後運動と呼ばれるものもあるのです。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

前後運動とは?

見え方に違和感を覚え始めたばかりの頃に手軽に出来て効果的なものとして「立体視の前後運動」というものがあります。

この方法は立体視をしながら本を目の近くまで持ってきてから、出来るだけ遠くに離してという簡単なものです。

種類は2種類あり、平行法と交差法で各自200往復以上を交互に行うという単純なもので、多い場合は往復30回に分けてするなどの方法があります。

物の見え方がおかしいと思ってすぐに始めて、長く続けると良いとされる視力回復訓練(トレーニング)であり、毎日続ける事で効果が出てくるもので、簡単なので始めるのも続けるのも非常に楽な訓練となっています。

基本的にこの前後運動はぼやけて見えている状態でも大丈夫なので、手をめいいっぱい伸ばす事が大事です。

もしも視力低下の進みが早く、対象物が消えて見えづらくなってしまう場合は度の低いメガネを使用してください。

前後運動の効果と継続

効果としましては朝目を覚ますと視界に変化があり、その見え方はクリアになります。

訓練の中で平行法をした場合は乱視矯正にもなりますので、乱視が強い人ほど効果が大きいですし、近視にも効果が強く出ます。

ただし、継続する事で効果が出るので毎日少しづつでも問題ありませんから続けるようにしましょう。

そして、この前後運動は日常動作の中でも応用が利くので何処でも何時でもしてみる様にして下さい。

最後に

視力低下が起きたからと言って慌てて手術や点眼薬を試すのは眼科受診の後でもできるので、そうなる前に気になったらまずそれまでは難しい事をするのではなくこの前後運動の様に長く続く継続した訓練を試されるところ肩始めてはいかがでしょうか?

現代社会においてパソコンなどの作業が日々欠かせない中でこうした視力回復トレーニングは非常に重要なものとなります。

時間も場所もほとんど取りませんので、一度試されることをお薦めします。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする