視力が落ちる理由について


人の視力は年を取ると自然と低下する傾向にあるのは分かっている事ですが、近年は様々な理由から視力低下が幅広い年齢層で起きています。

視力が落ちる理由についてお話していきましょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

近視について

視力が悪いと聞くと何を連想しますか?

多くの人は近視の人は視力が悪いとイメージするのではないでしょうか?

実際視力低下に悩むのは何処の国でも、どの年齢層でもあります。

しかし、とりわけ日本人は近視が多い傾向にあるのです。

ただし、近視とは近くは見えるが遠くが見えないというものであり確かに日本人に多いですが、そこから視力が落ちる理由やどうして多いのかは不明なままとなっています。

何故視力低下がが起こるのか?視力が落ちる理由

この場合先に述べた通り近視が多いもののその理由も定かではありません。

しかし傾向としては、親からの遺伝とされる「遺伝説」と、照明の明るさなどの目の使い方や栄養バランスによる生活要素に原因があるとされる「環境説」の2つと、この2つの説を合わせた複合的な原因があるとされる説が有力となっています。

まずは「遺伝説」ですが、こちらは親から子への遺伝という直接的な原因であるた為か、視力が落ちる理由としてかなり有力な説であると言われています。

しかしながら子供の頃視力が良くても成長していく過程で視力低下を訴えるという事から、視力が悪くなりやすい時期が存在するとも言われているので一概には決められない様です。

近視による視力低下が進みやすい時期は生まれてから20代前半にかけてが主だと言われています。

この場合の視力が落ちる理由としては、時期的に成長期に位置する事から、成長に応じて眼球のサイズも変化がある為に水晶体と網膜の間の距離が長くなり、光の焦点の位置が手前にずれてきてしまう事が挙げられます。

この時期は中学生くらいであり、この頃の子供の目は差はありますが遠視傾向でその場合には焦点が網膜より後ろで結ばれるのでこの成長期で前に焦点が行くと丁度良い視力(正視)になるのですが、最初から正視の場合成長過程で手前にずれて近視になるので見え方が悪くなり視力低下となるので「遺伝説」が有力とされることが多いのです。

同時にこの頃から色々な事を始めるなどの変化があるので「環境説」で言われるように後天的なものが原因となる場合もあります。

その場合は受験勉強やゲームなどで遊ぶなどをして姿勢も悪く成り目への負担がかかる事によって近視になるという考えが一般的です。

まとめ

現代社会における視力低下の原因は「遺伝説」が主とされてはいるが、「環境説」も大いにありうる事態とされます。

その原因には、ポータブルゲームなどの普及と早時期からそういったものを与えられる機会があるので視力が落ちているのだと考えられます。

もしそういったもので遊ぶなどした場合は、眼精疲労を和らげる処置を取る事と、制限を付けて使用する事を考えておきましょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大
kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする