星を見ると視力が回復すると言われている事について


星を見ると目にいいとはよく聞きますが、それが視力にも影響するという事を知っていましたか?

では、視力と星を見る事についてお話していきましょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

何故星を見ると視力が良くなるのか?

視力低下のほとんどの原因となっている近眼(近視)になる理由は毛様体筋と言うピント調節筋が目に近い物を長時間見過ぎる事によって収縮しすぎている事にあります。

ですから、毛様体筋を弛緩させるように出来る方法が目から遠く離れている物を長い時間をかけながら見る事なのです。

その見るものとして向いているのが”星”なのです。

これはただ単に星を見に行くのではなく、大半の人が住む町からは星が見えづらい為、星の見える場所まで出向くこと自体がメンタル面でも気分が良くなるなどの影響もあるのです。

具体的な方法とは?

実際星を見るにあたって先に述べた通り現在の町などに住んでいる場合はなかなか星を見るという機会も環境も整っていません。

ですから、まずは星の見える場所への移動から始めるべきです。

この星の見える場所を探すというのも目にもメンタル面にも重要な事なので少し考えて行動して見られるといいでしょう。

考えられる場所は都会では見えづらいので、空気の澄んだ場所へ出かけて探してみるという状況がいいでしょう。

そして、いざいい場所が見つかったら星を見始める訳ですが、星を見るにあたっては1つの星ばかりを見るのではなく、当分1つの星を見たら次の星を見て、更にまたしばらくしたら他の星を見るといった方法をとった方が、毛様体筋に程よい刺激ともなってよいのです。

星は10分以上かけて眺めた方がいいとされていますので時間には余裕をもっておくといいでしょう。

細を見る方法が視力に影響する状態の人とは?

この星を見る方法ですが、どんな状態の人にも有効と言う訳ではありません。

視力が極端に落ちていない場合に有効な方法なのです。

目安としては0,3以上の数値の方になります。

これ以上視力が下がっている場合だと、星を見る以前に肉眼で星をはっきりととらえられなくなってしまうからです。

いくら星を見るのが目に良くても、ぼやけたままで星を眺めても効果はあまりないのです。

ですから、真性近眼になって良し待っている方の場合はこの方法にはあまり有効ではなく、視力が落ちる途中の子供たちにこの星を見るという方法は効果が期待できます。

ただし、毛様体筋の弛緩に効果があるという事もあり、必ずしも視力回復効果が望める訳ではなく、疲れ目の回復などの効果があるというものですので、いきなり視力回復をsるという事ではありませんので注意してください。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする