なぜ視力は悪くなるのか?視力回復と予防法

視力回復方法バイブル (8)
視力が悪くなるいうと、パソコンやスマホ、テレビやゲームなどの画面の見過ぎなどが原因と言われますが、なぜ画面を見たりする事が悪いのかご存知ですか?

今回は、視力が悪くなる具体的な原因と視力回復法と予防法を紹介します。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

なぜ視力は悪くなるのか

普段デスクワークをしている方は「気づいたら視力が悪くなっていた」なんて方も多いと思われます。

なぜ、パソコンを長時間使い続けると視力が落ちるのかというと、目の筋肉の動きが悪くなるからです。

目は物を見るために毛様体筋、虹彩筋、外眼筋の3つの筋肉を使っています。

毛様体筋は水晶体、虹彩筋は瞳孔、外眼筋は眼球を動かす筋肉です。

水晶体でピントを合わせ、瞳孔で光を調節して、眼球を動かします。

パソコンやスマホを長時間使用すると、水晶体が緊張しピントが合わなくなり、暗い場所でとても明るいパソコンやスマホの画面を見続けると、虹彩筋が衰えると光を上手く調節できなくなります。

このように動きが悪くなると、なかなか元に戻すのは難しく、視力が低下してしまいます。

視力回復と予防

上記のようなに筋肉を緊張させないためには、定期的に筋肉を休ませる必要があります。

例えば、1時間デスクワークをしたら、休憩に5分ほど遠くの一点を凝視してみましょう。

室内なら遠くにあって、微かに見えるポスターの文字。

外であれば、遠くのビルの一点や夜ならばひとつの星など、とにかく遠くにある「一点」を凝視することが大切です。

目は遠くを見る事で筋肉が緩んでリラックス状態になるので、結果的に筋肉の動きが良くなり、視力回復や予防になるのです。

まとめ

上記のような方法は急激な効果は見込めません。

もちろん個人差はありますが、ダイエットを行うように、継続する事が一番大切でしょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする