視力回復法で視力は本当に回復するのか?

視力回復方法バイブル (6)
「視力回復」と検索すると、最近は沢山の視力回復法が紹介されています。

それを見て実践してみる方も多くいるようですが「その方法で本当に回復するのか?」と疑問を持つ方も多いと思います。

そこで今回は、視力低下の多くは近視だと思われるので「近視の方は視力回復法で回復するのか?」という疑問にお答えします。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

近視には2種類ある

近視には原因が2つあります。

1つは、毛様体筋が固まってしまい、水晶体を動かす事ができずピントが合わなくなる近視。

もう1つは、眼球が楕円状になってしまっている場所です。

眼球は成長段階で変形してしまうことがあります。

このような方は小学生など、早い段階で視力が低下し、成長と共に近視が酷くなってしまう事があります。

回復方法でどちらの近視も回復するのか?

良くネット上で紹介される方法として、遠方凝視方などの毛様体筋の緊張を取り、動きを良くする方法です。

このような簡単にできる回復法は、1つ目の近視の原因である、目の筋肉の硬直している場合には視力が回復する可能性が高いです。

もちろん個人差はありますが、回復法を継続する事で回復が見込めるでしょう。

しかし、成長段階で眼球が楕円状になってしまった場合は、この方法では回復はほぼ不可能と言えます。

原因が眼球その物にあるため、レーシック等の治療が必要になるでしょう。

ですがもし、原因が眼球に有り、早い時期からメガネをかけていたりする場合は、眼精疲労が溜まっている場合が多く、筋肉の硬直もある可能性が高いので、多少は効果がある可能性があります。

まとめ

今回は「本当回復するのか?」ということでしたが、自分の症状に合わせることで効果は変わってくる事がわかりました。

まずは、自分の視力が悪い原因を知る事から始める事をお勧めします。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする