自力での視力回復は無理なのか?

視力回復方法バイブル (3)
視力回復というと、レーシック治療など医師の治療が1番効果的ですが、最近は自分でできる様々な視力回復方法が紹介されています。

しかし「様々な視力回復方法の効果がなかった」「やはり自力では無理だった」という感想を見る事が多いです。

そこで今回は「本当に自力では視力回復は無理なのか?」という事や、その理由を紹介します。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

視力低下の原因によって結果が違う

視力が悪くなったと思っても、正確にどのような事が原因で視力が低下したのかをわかっていますか?

その原因がわからなければ、視力回復方法が適していない可能性もあり、結果として「自力では無理だった」となってしまうのです。

視力低下の原因

①毛様体筋の張り

現代1番多い原因だと思われます。

パソコンやテレビなどの画面を長時間凝視することにより、ピントを合わせられなくなり視力低下が低下します。

この原因の場合は、視力回復法の効果が出やすいです。

筋の張りが原因なので、様々なトレーニングで張りが取れれば回復の可能性があります。

②眼球が楕円状になる

人によっては成長段階で、眼球が楕円状になってしまい、それが原因で近視になってしまう方がいます。

このような場合は、眼球その物に原因があるため、自力で回復されるのは無理でしょう。

回復にはレーシック治療などが有効とされますので、医師への相談が必要となります。

成長段階での変形が最も多いですが、近視が進行することによって楕円状になってしまう例もあるようです。

まとめ

このように視力低下の原因がわかっていなければ、結果として「自力では無理だった」となってしまうのです。

視力低下の原因は実際、非常に判別されにくいので、一度眼科医に相談する事をお勧めします。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする