視力が急激に低下する原因

視力回復方法バイブル (1)
視力が低下した方の中には、突然症状が現れる方もいます。

急に見えていた物が見づらくなったら「何かの病気になってしまったのかもしれない」と誰でも不安になるものです。

そこで今回は、急激に視力低下が起きてしまう原因について紹介します。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

急激な視力低下を引き起こす病気

目に関する病気は沢山ありますが、今回は中でも発症数の多い病気を紹介します。

視神経炎

何らかの負荷が目に掛かり、視神系が炎症や損傷を起こしている状態です。

数日間で急激に視力が低下したり、視野が狭くなったりする症状があります。

網膜中心動脈閉塞症

目の中にある動脈が血栓などにより詰まってしまう状態です。

症状が重い場合は、急激にほとんどの視力を失う事があります。

緑内障発作

急激に視力低下と共に、目の痛みや充血なども伴い、頭痛や吐き気などの症状も現れます。

場合によっては、徐々に視力が低下する場合もあるようです。

生活習慣から起こる視力低下

急激な視力低下は必ずしも病気とは限りません。

病気ではない原因は主に2つあります。

目を酷使しすぎる

パソコンやスマホなど、生活する上で無くてはならない物になった現代、1日の大半画面を凝視している方も多いと思います。

近くを疑問するいう事は、目の筋肉を常に使う事になりますので、長時間使うほどに筋肉は硬くなり動かなくなります。

そのため、ピントを上手く合わせなくなる(距離感が上手く掴めない)ような事になるのです。

●ストレス

急激に大きなストレスを感じると、体のあらゆる所に異常や違和感が出るように、目も同様にストレスで視力が低下する事があります。

まとめ

このように急激な視力低下には様々な原因があります。

なので、視力の低下を感じたり違和感を感じるようであれば、まずは医師に診断してもらう事が1番良いでしょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする