視力回復はできるのか?

視力回復方法バイブル (12)
視力回復と言っても様々な方法があります。

医師に治療をしてもらう「レーシック治療」から、最近良く紹介されている「視力回復トレーニング法」など様々です。

しかし、このように沢山の視力回復方法は「本当に回復することができるのか?」と疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、視力回復トレーニングで本当に回復できるのか?という事についてお答えします。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

視力回復トレーニングとは?

視力回復トレーニングとは、医師に治療してもらわずに普段の生活にトレーニングを取り入れて視力回復を目指すトレーニングです。

トレーニング方法は主に2つです。

①遠近体操法

近くと遠くを交互に見る事で、凝り固まった毛様体筋(目の筋肉)をほぐす方法です。

②遠方凝視法

目は遠くを見る事で緊張がほぐれ、リラックスさせる事ができます。

そのリラックス状態をより多く作り、毛様体筋がほぐれやすい状態を作る方法です。

視力低下の原因で効果は違う

上記のようなトレーニングは、効果が期待できる原因と全く期待できない原因があります。

まず、効果な期待できる原因ですが、上記にも書いたように毛様体筋の張りが原因の場合です。

この場合根本的な理由が筋なので、その筋の伸縮性を取り戻せれば視力回復の可能性は非常に高いです。

逆に効果がない主な原因は、眼球に異常がある場合です。
近視の方の場合、成長段階で眼球が扇状に変形してしまっている場合があります。

この場合、自分で治すことはできませんので、医師の治療が必要となります。

ここでレーシックなどの治療法が必要となります。

まとめ

このように視力低下の原因は様々あり、効果のある原因、ない原因がハッキリしています。

もちろん効果には個人差がありますが、視力回復法は効果が出るまでに期間が必要で、継続する事が大切です。

なのでまずは、自分の視力低下は何が原因なのかを知る事から始めるのが良いでしょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする