子供の視力低下の3つ原因

視力回復方法バイブル (9)
ここ数十年で子供の視力低下が急激に増えています。

子供の頃から視力が低下し、メガネやコンタクトを使用する事になると不便な事も沢山増えるため、親としても「なんとか視力低下を予防したい」と思うものだと思います。

子供の視力低下を予防するには、まず原因がわからなければ予防できませんね。

そこで今回は子供の視力低下の原因について紹介します。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

子供の視力について

子供の視力は発達は6歳前後までに完了すると言われています。

赤ちゃんの頃は殆ど目は見えていなく、成長とともに視覚も発達し、通常は6歳までに1.2まで発達すると言われています。

そのため、6歳の段階で1.2以下の視力の場合は、そのまま視力が低いままになる可能性が高くなります。

視力低下の原因

①パソコンやスマホの使用増加

1番の原因は、スマホやパソコン、ゲームやテレビなどの使用時間が圧倒的に増えた事でしょう。

特にスマホなどの小さな画面を長時間凝視する事は、悪影響が大きいです。

小さな液晶画面を見続ける時は、極端に眼球を動かす事が少なくなるので、視野・視力の発達を妨げてしまうのです。

②ストレス

過剰なストレスから一時的に、極端に視力低下をしてしまう場合があります。

心因性視覚障害とも呼ばれますが、視力や眼球、視覚に異常がある訳ではない場合が多いので、ストレスの解消によって解消させる事があります。

③遺伝

子供の視力低下は親の遺伝だと言われる事が多いですが、実際に遺伝が原因で視力が落ちる事は少ないと言えます。

視力低下にもいろいな種類があるので、その種類によってもわかりますが、現在わかっている事は、親の生活習慣が子供の生活習慣になるため、子供も親と同じような視力になりやすいのです。

まとめ

やはり液晶画面の長時間の凝視は悪影響を及ぼします。

まずは、親自身の生活習慣を見直す事で子供にも変化を与えられる可能性が高いです。

普段の生活習慣を見直して、視力の発達を促しましょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする