レーシック治療は視力回復にどれくらいの期間が必要なのか?

視力回復方法バイブル (10)
「レーシック」は日本でもよく耳にするようになりました。

しかし、意外と詳しい治療内容などは知られておらず、「実際に視力回復にはどの程度の期間が必要なのか」といった疑問を持っている方も多くいます。

そこで今回は、レーシックの治療方法や視力回復に必要期間を紹介します。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

レーシックの治療法

レーシックとは、角膜に直接「エキシマレーザー」と呼ばれる医療用レーザーを照射し、視力低下の原因である、光の屈折を矯正する治療法です。

レーシックには「エピレーシック」など、いくつかの種類があります。

治療は全ての方が受けられる訳ではなく、事前に様々な検査を行った上で角膜や眼球に異常がなく、レーシックが可能である角膜、瞳孔の大きさであると診断された方が治療を受ける事ができます。

レーシックから視力回復の期間

治療から回復の期間は、治療を受けたほとんどの方は2、3日程度で視力回復を実感することができますが、治療の結果が最大限表れるには2、3ヶ月は必要とされます。

しかし、効果が表れる期間には個人差もあり、治療前の症状によっても変わってきます。

それに、レーシックの種類によっても効果が表れる期間に差があります。

特にエピレーシックは、新しい角膜が形成されるまでの時間を必要とするため、複数ある種類の中でも視力回復に時間が掛かる治療法です。

まとめ

以上のように、レーシックと言っても必ずしも全ての人が同じような期間で回復する訳ではありません。

治療前の状態や、実際に行われるレーシック治療の種類によって回復の期間が変わる事を覚えておきましょう。
事前に医師に確認しておく事で、治療後の不安を取り除く事ができるでしょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする