視力回復に必要なビタミン

視力回復方法バイブル (6)
視力回復に必要な栄養としてビタミン類は大切です。

ビタミン類のみの摂取では視力回復効果は期待できないですが、視力回復トレーニングなどを行いながら、一緒に摂取する事で回復を促すことができます。

そこで今回は、沢山の種類があるビタミンの中でも主に視力と関係があるビタミンを紹介します。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

ビタミンA

ビタミンAは夜盲症(夜、暗くなると極端に視力が低下する症状)の改善に効果があると実証され、昔かは目に良いとされるビタミンです。

効果は、目の代謝を促す作用があり、角膜の乾燥を防ぐ効果や抗酸化作用もあります。

ビタミンB群

ビタミンB群とはB1やB2など何種類もあるビタミン群です。

ビタミンB群には、視神系や目の周りの筋肉の疲労を軽減する効果があります。

特にビタミンB1には視神系を活性化する効果があり、ビタミンB2には炎症を起こしている角膜を症状を抑える、抗炎症作用があります。

ビタミンC

ビタミンCは特に、白内障の予防に効果があります。

そのため、代謝を上げ水晶体をきれいに保つ効果があり、眼精疲労の回復にも効果があります。

ポイント

この3つの他にも、ビタミンAの吸収を助けるビタミンDや血行を良くするビタミンEなどがあります。

このビタミン類は、一度に大量に摂取しても効果は変わりません。

多く摂取してもその時に必要とされる分しか吸収されないため、それ以上のビタミンは排出されてしまうのです。

まとめ

ビタミン類のみの摂取によって視力回復の効果望めません。

しかし、必要なビタミンを摂取する事で視力低下や眼精疲労など、様々な症状を予防する事は可能ですので、継続的に摂取する事が大切でしょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする