不規則な日常生活と視力の関係

視力回復方法バイブル (11)
視力低下の原因の一つとして、日常生活が大きく関係している場合があります。

生活習慣が様々な病気の原因となるよに、視力も同じです。

そこで今回は、視力低下の原因となる「不規則な日常生活」とは、具体的にどのような事なのかを解説します。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

視力低下の原因

視力が悪いと言うと遺伝の可能性が高いイメージが強いですが、実は遺伝が原因の割合は非常に少なく、ほとんどが不規則な日常生活が原因だと言われています。

近年、特に増加している近視の原因は9割が日常生活にあります。

視力を低下させる生活習慣とは

①パソコンやスマホの長時間使用

近年、近視が増加している1番の原因だと思われます。

パソコンやスマホが当たり前になった現在、長時間近くの一点を集中してみる事が非常に増えました。

この事により目を酷使する事が非常に増え、目を休ませる時間が非常に少ないため、近視になりやすいのです。

②姿勢

姿勢の悪さは、身体に悪影響を及ぼします。

これは視覚も同様で、姿勢が悪い事によって眼に関する筋に歪みが起き、左右のバランスがわるくなったりします。

猫背の方は机に向かう時に、ノートやパソコンの画面と目の距離が非常に近くなりやすく、余計に悪循環になります。

③ストレス

日常生活のストレスでも視力が低下します。

眼にはハッキリとした異常が表れなくても、環境によって視力が低下する事があります。

これを心因性視覚障害と呼び、ストレスによって脳に負荷がかかり視覚に障害が表れる症状です。

まとめ

このように、日常生活には様々な原因が潜んでいます。

特に現代人は目を酷使する事が非常に多いので、意識的に目を休ませる事で予防、改善に繋がるでしょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする