視力による見え方の違いについて


視力がいい、低下したといった話は誰しもするものですが、その視力の違いでどういった見え方をしているのかなどは考える事がないのではないでしょうか?

視力の違いでまるで別のものに見える世界とはどんなものなのかを紹介していきます。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

目がものを見る事について

人の目は水晶体(レンズ」を毛様体筋(ピント調節筋)で調節して屈折率を変え、網膜上で焦点を合わせる事によって物を見ているのです。

しかしそれが近視の人は焦点の合う位置が通常の正常と言われている位置より前方に来ている為、ぼんやりとした見え方になってしまうのです。

そういった場合に使用するのがメガネやコンタクトレンズであり、それらを使用して屈折率を調節してはっきり見えるようにしているのです。

これとは逆に遠視は焦点が網膜より後ろで結ばれている状態ですので、こちらもピントが合わずに物がぼんやりして見えてしまうのです。

ただし、弱度の遠視の場合は視力検査などではいい結果が出る事もあり、ほとんど気付かない事も多いと言います。

その様な状態でメガネやコンタクトレンズを使用すると視力が固まるからと言って無理に調節機能を使って小汚点を合わせると、常に毛様体筋を使う事になるので非常に目が疲れるので、こういう場合に限ってはメガネやコンタクトレンズを使用した方がいい場合もあります。

遠視や近視とは少し違うのが「乱視」です。

乱視は角膜と水晶体のゆがみによって光の屈折させる部分がゆがむので縦横方向の屈折率が異なり結像位置が変わるので焦点が合わず、方向によってはぼやけてしまう状態です。

老眼に関しては年齢を重ねて調節力を持つ筋肉が弱くなり緊張を保てなくなるなどした為、ピントを合わせることが出来なくなっていく状態です。

ですから老眼の場合は見ている物から少し話すと見えやすくなったりするのです。

大腿30代後半から始まり、40代半ばくらいに自覚していく症状です。

視力の違いで変わる見え方

では、実際に視力ごとに見え方を比べるという事は出来ませんので、数値ごとにその違いについて説明していきましょう。

まずは正常な視力より若干下の見え方が変わってくる「0,7」からですが、正常とされる「1,0」とは違い道路標識などを見た時にぼやけて見え始めるのがこの数値からです。

このあたりになったら眼科受診で状況を把握して視力回復を図り始めましょう。

次に少し下がって「0,5」ですが、更に見えづらくなって飲食店のメニューに書かれている文字が見えにくくなってきます。

それでもこのあたりまでが生活に支障を出すかどうかの境目になるので、視力回復と維持でまだどうにか保てるでしょう。

しかし、これ以上近視の症状が酷くなってきますと、まさにすりガラス越しに景色を見ているかのような風景が広がってきます。

近視か遠視か乱視かなどによって感じが若干の違いはありますが、とにかくぼやけて見えてしまうので大変危険です。

ぼやけた視界に色がついているという感じでぼやけて物の輪郭が曖昧になり、文字の認識もかなり困難な状態です。

ここまで来る前に必ず眼科受診をして改善を図りましょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする