視力回復は何歳まで可能か?について


現代社会において様々な理由から、あらゆる年齢層の人々の視力は低下傾向にあります。

しかしそれは、日々の生活において非常に不便な事であるのは言うまでもありません。

出来るなら、年を取っても何時までも良い視力を保っていたいと思うのは誰もが考える事です。

では、視力回復は何歳まで可能なのでしょうか?

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

子供の目と視力回復について

まずは1番若い世代である子供の視力についてお話していきましょう。

最初に行っておくべきは子供の視力回復には、何歳までという年齢の上限は存在しませんという事でしょう。

とにかく視力回復トレーニングなどを視力が落ちたと思ったら、早い時期から始めていれば体質などの差はあれどしっかり効果が期待できます。

逆にこの時期に放置をしてしまうと「真性近視」になってしまい、この状態からだと視力回復トレーニングの効果が出にくくなってしまいますので注意が必要です。

ちなみにメガネなどにしてしまうと近視はどんどん進行してしまうので、メガネをかける前の2~3ヶ月の間だけでも先に視力回復トレーニングをしてみる事をお薦めします。

大人の目と視力回復について

大人になるにつれて視力が固まってくるとはよく聞きますが、近視の進行は身長の伸びと同様で21歳くらいまでが一般的であると言われています。

この事から近年子供の成長気が早く来て早く終わる場合などは、成長気が早く終わり受験などの目を酷使する時期がずれた子供と丁度成長期だった子供で近視の進行が異なるのはここにあります。

これらは目のサイズが成長期の際、変化して近視になるのでこういった事が起きるのです。

そして、この時期に勉強などで目を酷使してしまい(環境がそう変化した事で)視力低下が起きるのが「仮性近視」ですが、近年は子供のみならず大人にも起きているのです。

これは子供よりも深刻でな事で、子供は成長期などが重なる事で起きる一時的なものですが、大人の場合は「調整機能障害」と呼ばれるものであり、ピント調節筋の機能の疲弊が原因となっています。

原因は日常的な目の酷使とされており、パソコンやスマートフォンの画面などを常に見ている事が挙げられています。

人は40代くらいから視力は衰えますが、先に述べた原因によりそのスピードが加速しているのです。

これらはそのまま放置すると目の筋肉が固まってしまうので、目薬などで目の筋肉を弛緩させるものを使用するといった治療を行う事をお薦めします。

同時に老眼鏡を使用した目のストレッチなども有効であり、これらを活用する事です。

視力回復は何歳までと考える前に、予防と回復は常にしておくことが大切です。

大人の視力回復ストレッチ

こちらは何歳まででもしておいた方がいい方法ですので紹介いたします。

用意するのは100円ショップで販売されている「2,0度」の老眼鏡です。

こちらをかけていただくのですが、メガネやコンタクトレンズを常用ている人はその上からかけてください。

老眼鏡をかけ5分間、1m以上先にある風景や物、ポスターなどをぼーっと眺めてください。

そうする事により、ピントの合っていない状態をキープしながら筋肉の緊張をほぐしてリラックスさせることが出来ます。

寝る前にするのが効果的です。

現代社会ではパソコンやスマートフォンは必要不可欠となっています。

使い続けるにあたって、視力回復訓練やケアを行う事はとても大切なので何歳までも行うようにしましょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする